Hyper KANAKO is easy, simple, high-accuracy Debris Flow Simulation System using LP data

研究会規約

研究会規約

  1. 目的
    Hyper KANAKO研究会(以下、「本会」とする)は、Hyper KANAKOの普及・活用と改良を目的として、開発者と利用者が共同して運営するものとする。
  2. 会長等
    本会の会長は水山高久(京都大学大学院農学研究科教授)、副会長は里深好文(立命館大学理工学部教授)とする。
  3. 事務局
    本会は、事務局を京都大学大学院農学研究科森林科学専攻山地保全学分野に置き、下記のメンバーで事務局を運営する。
  4. 会員・会費等
    1. 本会の会員は、Hyper KANAKOシステム使用基準を承諾した上で、所定の会員登録書を研究会事務局に提出し、「Hyper KANAKO」システムを購入した者で構成される。
  5. 研究会の運営
    1. 事務局は経理を担当するとともに、会長・副会長が主催する研究会(年2回程度開催)の運営を担当する。
    2. 会員専用のWebsiteを運営して、Hyper KANAKOの活用に関する情報交換、利用・改良に関する質問や提案、関連プログラムの公開等を行い、会員相互の情報共有を図る。
    3. プログラムの普及・活用に関する事項は企画部会長、プログラムの改良に関する事項は技術部会長がとりまとめを行う。

(事務局)                     
事務局長 中谷加奈(京都大学大学院農学研究科助教)
企画部会長 堀内成郎(株式会社パスコ)
技術部会長 岩浪英二(中日本航空株式会社)
事務局員  柿原圭貴(株式会社ハイドロソフト技術研究所)
      山田拓(京都大学大学院農学研究科M2)

平成24年7月1日 施行

a:3676 t:3 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional